※R18※ 初めてのヒトツ。

「もっといっぱいして」と、彼女が願った通り、智孝は佑羽が息つく暇を与えない程にキスを繰り返した。いつもの優しいキスではなく、智孝の想いを熱に変えたような深く激しいキスに、頭の奥が痺れるようだった。

(いつもの兄ちゃんと違う……どうしよう。キスだけなのに、すごく気持ちいい……)
麻酔をかけられたように鈍くなる思考の中、懸命に智孝の口付けに応える。絡まり合う舌の水音と、佑羽の口から零れる甘い声が部屋に響いた。

「ん……ん」

一旦唇を離し、今度は視線を絡ませる。佑羽は智孝が贈ったキスのようにとろけた瞳を向けていた。今腰を支えている左腕を離したら倒れそうなくらいに力が抜けている佑羽に、智孝は微笑み声をかける。

「大丈夫か?」

自分の頬を包む大きな手に、そっと手を重ね、佑羽は頷く。するとすぐさま智孝はまた唇を重ねた。このまま食べられてしまうのではないかと思わせるような口付けに、佑羽は智孝の背中に腕を回し、指先に力をこめた。
それを合図にしたかのように頬に添えられていた手が、佑羽の膨らみへと届く。
すくい上げるように手のひら全体で弾力を確かめる智孝に合わせるように、佑羽は先程よりも甘い吐息を漏らす。

(恥ずかしいし、なんか……ドキドキしすぎて変な感じ……)
布を隔てて感じていた智孝の体温が直接肌に伝わったことにぴくりと身体を揺らした。
佑羽の肌は吸いつくような肌触りで、とても滑らかだった。自分の手に少し余るくらいの膨らみをたのしむように、智孝は優しく揉んでいく。想像を超える柔らかさの中に小さな蕾を見つけ、それをつまむ。

「ん!」

揉まれているのとは明らかに違うその刺激に、佑羽は唇を離し、惰性で智孝の肩に頭を乗せる。

「ひゃっ」

今まで感じたこともない痺れが背筋を駆け巡り、佑羽は思わず声を上げた。
耳の後ろから首筋を舐められ、その生暖かく柔らかな感触にゾクゾクと震える。それと同時に贈られる智孝の指の刺激に、佑羽はただ声を漏らすことしかできなかった。

「あ、汗かいてるから……ん、しょっぱい、でしょ?」
「甘いよ」

佑羽の問いかけに一言だけ返し、智孝は首筋へのキスを続ける。口にしたように、佑羽からは花のように甘く、いい香りがする。

「あっ……ん、ちょっと待って」

ボタンを外そうとする智孝の手を制止するようにぎゅっと握る佑羽。ここにきておあずけをくらうことになるのかと一瞬不安がよぎったが、彼女は潤んだ瞳を向けながら口を開いた。

「恥ずかしいから、いいって言うまで目つぶってて」

言われた通りに目を閉じると、膝の上で感じていた彼女の重さが消え、代わりに衣服の擦れるような音が聞こえた。沈黙の中に響くその音色は、佑羽の緊張を表しているようだった。
パサ、と床の上に布が落とされる。その瞬間目を開けたくなったが、彼女の言葉を思い出し、ぐっと堪える──と、そんな智孝の苦労も無駄に終わり、突然鳴り響いた携帯の着信音に驚き、視界がひらけた。

「あ」

同時に同じ言葉を発し見つめ合う二人。佑羽は咄嗟に胸を隠し言葉をぶつける。

「見た?」
「見えなかった」

正直に、悔しい気持ちも込め、智孝が答える間にも着信音は流れる。佑羽に出ることを勧められ、智孝は毒づくような気持ちで携帯を手に取った。画面には妹の名前が表示されていて、さらに舌打ちしたくなる気分だ。

「何だよ」
「怖っ。第一声がそれ?まだ怒ってるの?」
「怒ってなかったけど、用は何だ?」

いつもと違う兄の様子を察したのか、里美は遠慮がちに問いかける。

「……もしかして、あたしお邪魔した?」
「ああ」
「なんか、色々ごめん」

そんなことよりもと先を促すと、里美は先程繰り広げてしまった喧嘩についての謝罪と外出した後の予定を口にした。

「でもよかった、仲直りしてて。そのまま愛を深めちゃって」
「お前な」

「じゃあね」と明るい声で通話を終わらせる彼女に一つ息を吐き、智孝は着信音を消して携帯を放った。その際に、電話の相手が気になっている様子の佑羽に里美からの伝言を簡潔に話す。

「里美、裕の所に泊まるってさ」
「そっか。里美に悪いことしちゃったな」

むしろそのセリフは里美が言うことだろうと思ったことが顔に出ていたのか、智孝の表情を見て佑羽はにこりと笑う。

「兄ちゃんと仲直りできてもできなくても連絡することになってたから。もし仲直りできなかったら戻ってくるって言って裕の所行ったんだけど、里美、すごい心配してたから気になってしょうがなかったんだと思う」
「お前、さっき、里美はちょっと出かけてくるみたいなこと言ってなかったか?」
「だって……あの時は兄ちゃんに嫌われたと思ってたから。里美に戻ってきてもらうことになるかもって……」

電話に出る前と同じようにベッドへ腰掛けた智孝の元へ、おずおずと近づく佑羽は、拾い上げたパジャマで胸を隠しつつ片手を差し出した。そっと智孝の頬に触れるとためらいがちに口を開く。

「まだ、目閉じてて」

そして智孝の瞼が閉じられたのを確認すると、佑羽はパジャマから手を離し、代わりにしがみつくようにして智孝の顔を胸にうずめた。

「まだ……まだだよ」

緊張から声を震わせる佑羽の心音が、智孝の顔を打つ。まるで全力疾走したかのように波打つ鼓動に、緊張が移りそうだった。自分を落ち着かせようと深呼吸を繰り返すが無駄に終わりそうだと感じた佑羽は、とうとう許しの言葉を出した。

「い、いいよ」
とは言うものの、自分の頭を強く抱いている腕の力は変わらず、智孝は顔を横に向けた。今まで目を閉じていたこともあり、暗闇の中でぼんやりと白い膨らみが見えるだけだった。そのまま動かなくなってしまった智孝に、佑羽は露わになった胸を凝視されている恥ずかしさを感じ、そっと智孝の視界の先を手で隠した。
がしかし、すぐに手首を掴まれ、覆いは外される。そして同時に顔を離した智孝は少し驚いた表情を浮かべていた。

「そんなに見ないで。は、恥ずかしいから」
「なんか……すごいな」

佑羽の言葉に返すわけでもなく、智孝は感想を口にする。それに対し、今度は佑羽が驚いた声を発するが、変わらずにどこか嬉しそうな様子の智孝は一度だけ視線を絡め、一言。

「綺麗だ」

そして掴んだままだった手首から手を離し、胸に触れる。月の光を浴び、淡く光っている胸にキスを落とすと、そのまま口に含んだ。

「ん!……あ、や」

口の中に確かに存在を示す蕾は舐めるごとに固さを増していった。優しく続けられる甘い刺激に、佑羽は声を漏らし小さく体を震わせる。足の力が抜けそうになっているのに気付いたのか、智孝は佑羽の腰を寄せ自分の膝の上にのせ、今度は唇を吸った。
胸とは違う舌触りを堪能しつつ、下着越しに彼女の秘部に触れる。

「あっ……ん、あ」

撫でるように触る智孝の指が濡れる。下着は既に隠すという役割を果たせず、彼女から溢れる印によって、指先だけでも感じ取れるほどに輪郭をくっきりと表していた。触れた瞬間冷たかった布は、また温かく湿っていく。

「あ!」

下着の中へ滑り込ませた智孝の指を、何の抵抗もなくするりと飲み込んだ。初めての感覚に、佑羽は声を上げると共にびくりと体を震わせた。

「痛いのか?」

その反応を見て心配そうに問いかける智孝に、佑羽は首を横に振って答えた。

「ううん。びっくりしただけ」

それを聞いて安心した智孝は探るように指を動かした。佑羽の中は、温かく、柔らかく、そしてとろけていた。

「ん、あ……あっ、ん」

動きに合わせるように声が漏れ、佑羽は智孝の首に腕を回してしがみついた。続けられる甘い刺激に、佑羽は小さく彼を呼ぶ。

「……ちゃん、どうしよう」
「どうした?」
「き……気持ちいい……の」

艶っぽい声と素直な言葉に、智孝の中で何かが沸き上がった。言葉では表現出来ない何かだ。それは興奮となり、彼の指の動きに表れ、そして彼女の快感を増幅させた。

「や、あ……兄、ちゃん……待って」

ぎゅっとしがみつく佑羽の体は、先程からぴくぴくと小さく跳ねている。智孝は願いを聞き入れず、代わりにキスを贈った。つながった唇から佑羽の声が零れる。

「ん……ふ、……ん、んあ!」

押し寄せてくる波にのみ込まれるようだった。その感覚にあらがうことは出来ず、少しの不安と期待を抱いた一瞬の後、佑羽は意識を波に投じた。

「ん!んん……ん、ん……」

智孝の指を何度も締め付け、痙攣した後、全身から力が抜けるようだった。呼吸が乱れ、肩で息をする佑羽は、ぼーっとする頭で自分の状況を呟く。

「な、何、今の?もしかして私……その……イッちゃった?」
「多分」
「──っ、──っ、恥ずかし過ぎて死んじゃう!」

数回、息を吸いながら声にならない声を発したかと思うと、次に顔を歪めながら佑羽はそんなことを口にする。その予想もしなかった言葉に、智孝は一瞬呆気に取られ、次に吹き出した。未知の世界を経験したことに笑われたと勘違いした佑羽は拗ねたように言う。

「笑った」
「その感想何だよ」
「え?あ……だってホントに恥ずかしいんだもん」

視線が絡まり合い、唇を重ねた。そのまま惰性で佑羽をベッドに寝かせ、下着を剥ぎ取る。恥じらうように閉ざされている足の間に体を割り込ませると、次は彼女の手が阻んでいた。つなぐようにして手の覆いも外すと、智孝は顔をうずめた。

「兄ちゃん?……や!……あ、汚いよ」

答えが返ってこないことに、佑羽はもう一度呼びかける。

「嫌か?」
「う……いや、じゃない。でも……」
「汚くないよ」

会話の間もおくられる刺激に、恥ずかしさと心地よさを感じていた。しばらく、彼女から溢れ出る印を舐めとる音と、堪え切れない快感が声となって外に出た。
またもあの波に襲われる──それでも抵抗することはできず、智孝に身を任せる。

「兄ちゃん……待って。兄ちゃん、にも、気持ち良くなってもらいたい」

意識が朦朧とする中、佑羽はなんとか言葉をつなげる。

「お願い……その……兄ちゃんの、入れて欲しい……」

恥じらうようにお願いを口にする佑羽に、智孝は顔を上げて聞き間違いではないだろうかと視線を絡めた。彼女は変わらず恥ずかしさを堪えるような表情を浮かべながら頬を赤く染めていた。

「うー……ダメだ!恥ずかしすぎて死ぬ!!」
「一体、何回死ぬんだ、お前は」

笑いながら言うと、佑羽は声に出してむくれた後、視線を外して
「……だって、兄ちゃんにも気持ち良くなってもらいたいんだもん」
と少しだけ拗ねるように言った。

「俺はいいよ」

そう言われても、この心地よさを返したい気持ちと、智孝の変化を見てみたい好奇心が薄れることはなく、ある『お願い』を口にした。

「じゃ、じゃあ、あの……兄ちゃんの、私も触っていい?」

佑羽は普段素直だが、一度決めたことはガンとして譲らない部分もあった。今口にしたこのお願いは、譲らないつもりであることがわかった。
そっと、智孝の熱を下着越しに触れる。

「あったかい」

今まで見たことがなかった佑羽は、思ったこと感じたことをそのまま言葉にして智孝に伝えた。
「すごい……男の人でも濡れるんだね」「動いてる……」など、一つ一つだ。

「──っ」

すると、突然温かさと衝撃が走った。それは智孝一人では味わうことの出来ない快感だった。
下着越しに伝わる佑羽の唇と舌の感触に、驚きと共に興奮を覚える。先程の言葉といい、焦らされているような攻められているような、何とも例えがたい感覚にそそり立つ。
「痛かったら言ってね」と、佑羽はとうとう直に触れ、印を舐めとった。

思わず声が出た。
その反応に、先程智孝が言った「俺はいいよ」が少しだけわかった気がした。
自分のしたことで悦んでもらえるのって嬉しいんだ、と。それに、もらうのとは異質の興奮もある。もっと、気持ち良くなってもらいたい。そんな気持ちを表すように動かしていた手が、急に止められた。
ふと顔を上げると、愛しき人が何かに耐えるように大きく呼吸をしていた。

「い、痛かった?」
「いや……結構、ヤバい」

意味を理解するのに数秒かかり、その後は恥ずかしさと嬉しさを隠すように、智孝の首に腕を回し抱きついた。
そして囁くように「気持ち良かった?」と聞くと、智孝は一瞬ビクリとした後に勢いよく佑羽へと顔を向けた。

「え……あれ?もしかして」
「何だよ」
「兄ちゃん、耳、弱い?」

吐息と一緒にキスを贈った。
明らかに反応を見せるも「くすぐったいだけだから」と言う智孝。そんな彼をからかう彼女。楽しそうな笑い声が響く中、とうとう佑羽はベッドに倒された。
「ごめん」と笑いながら謝る佑羽にキスを落とすと、指を彼女の中へ入れる。もう何度目かわからない刺激に陶酔し、その証を口から零した。

「兄ちゃん」

呼びかけられて佑羽を見つめる。潤んだ瞳から伝わる想いに、智孝は言葉に変えた。

「入れていいか?」

佑羽はこくりと頷いた。

 

それからは未知の痛みだった。
今まで経験したどの痛みとも違っていた。身が引き裂かれるような強い痛みではあるが、不思議と耐えられるというか受け入れられるものだった。

「入った?」
「半分くらい」
「まだ半分、ん!」

少しずつ腰を動かしているものの、佑羽はその衝撃とも言える鋭い感覚に身をよじりシーツを握りしめる。
(力を抜いた方がいいとか言ってたけど、全然出来ないよ)あれこれ考えて実践してみようとするものの、乗り越えた先にすぐ加わる痛みで動けないのが現状だった。

ゴン!

突然発せられた鈍い音と共に、頭を押さえながら新たな衝撃を訴える佑羽。どうやら痛みから逃れようとずり上がっていたようで、ベッドのガードに頭を強打した。

「いったー」
「大丈夫か?」

佑羽から離れ、枕をクッション代わりに頭の下へ置き、流れに沿ってぶつけた所を撫でた。涙を浮かばせて痛みに耐えている彼女の姿はいとおしくもあり、切なくもある。智孝は優しい声色で佑羽に問いかけた。

「今日はもうやめるか?」

その言葉にはっと目を見開き、首を横に振る。

「やだ!やめない」

そして添えられている智孝の手に重ねるように触れ、佑羽は言葉をつなげる。

「ごめんね、うまくできなくて。でも、やめないで。私、ずっと兄ちゃんとこうしたいって思ってたんだもん。やっとできると思ったのに……やだぁ、やめたくない」
「わかった」

涙を零し自分を求める佑羽に、智孝は微笑み返す。

「それに謝るなよ。お前がうまく出来たら出来たで、それは嫌だろ」

不安げな彼女の様子にそう冗談を零すと、佑羽はぱっと笑顔を咲かせ「そっか。そうだね」と答えた。

「ねえ、兄ちゃんは痛くないの?」
「痛くないよ」

ふいに投げかけられた質問に智孝はさほど考えることもせずに答えると、佑羽は少しの間黙り何かを考えている仕草を取った。そして名案を思いついたように顔を上げ口を開く。

「じゃあ、もう一気にきちゃって!多分、絆創膏と同じでちょっとずつの方が痛いんだよ、きっと」
「いや、違うだろ」

半ば呆れながらそう口にしたが、一理あるなと思った。佑羽ももう一度「試しにやってみて」と後押しする。
二度目の挿入は、それまでの道が嘘のように円滑だった。
ただ、そこから先はやはり苦しそうな様子を佑羽は見せた。

「本当にいいのか?」
「うん……多分、大丈夫。死んだらごめん」
「死ぬなよ」

その言葉を合図に智孝が動く。快楽のような叫びのような声が上がった。智孝を全て呑み込んだ佑羽は小刻みに震えながら手を伸ばし
「ぎゅって、したい」
と懇願した。

願いを叶えるように顔を近づけると、佑羽はしがみつくように首に腕をからめ囁く。「死ななかったね」と。
そうだな、とくすぐったい笑いを含めて答える智孝に、もう大丈夫と告げて手を離す佑羽。
それから、ゆっくりと彼女の中を泳ぎ始めた。

途中、高波に襲われそうになるも、懸命に耐える。
呼吸が乱れ、肩で息をする。
自分には想像もできない大きな力に抗うようなその息づかいに、佑羽は心がふるえた。そっと智孝の腕に触れるのと同じように声をかける。

「兄ちゃん、気持ちいい?」

呼吸を整えながらも「ああ」と答える智孝に「よかった」と笑顔を咲かせる佑羽。しかし、その笑みとは反対の現象に、智孝は心配そうに尋ねた。

「お前は、大丈夫か?……まだ痛い?」
「ううん。もう痛くないよ。何で?」
「泣いてる」

佑羽の目元に触れ、涙を拭う。その手に重ねるように触れると、佑羽は笑顔と共にまた涙をこぼした。

「だって、嬉しいんだもん。兄ちゃんとこうしたいって、ずっと思ってたし、その……やっぱりすごく気持ちいいし、兄ちゃんも私で気持ちよくなってくれてるんだなって思ったら、なんかよくわからないけど、涙出ちゃった」

その言葉に、智孝は驚きを隠せなかった。それに気付いているのかいないのか、佑羽は続ける。

「兄ちゃん、ありがとう」
「──ばか。それは、俺のセリフだろ」

「えへへ」と笑いながら手を伸ばす佑羽を、つながったまま起こし抱きしめた。どちらからともなく口づけを交わし、その心地よさに陶酔する。

佑羽は、智孝の愛を受け、怖いものがなくなった。
智孝は、佑羽に己を受け止めてもらったことで、守るべき愛しき存在と自信を手に入れた。

二人の絆がより強く、輝いた──

END

 
 

あとがき

いかがでしたか?
R18と言えど、そんなにエログロではないと思います。
それというのも、「体のつながり」をエロとグロばかりに注目してしまうと、本来得られるはずのものが得られず、ただ単に欲求を吐き出すための行為と捉えられてしまうのを避けたかったからです。
じゃないといつまで経っても性犯罪や「体のつながり」は隠さなければならない悪いことという意識が薄まらない。

本来の、女性が求めている「体のつながり」は、心のつながりを強くするためにあります。もちろん子孫繁栄のためでもありますけど、本当は自分自身が強くなるためにある。
肉体的欲求は、精神的欲求が満たされない限り、あまり意味をなしません。一時的に欲求は解消されても、また同じことを繰り返すとか。「解消」をしているだけなので「満たす」ことが出来ているか?と聞かれると違いますよね。
だから、心のつながりを得ようとしていないのに、体の欲求だけを解消しようとしても満足することはない。何度肌を合わせたって結果は同じです。

そんな、心にも、ゆくゆくは体にもよくない「つながり」を持って欲しくないなぁという思いから、今回筆をとりました。
なので、作品も「行為」そのものではなくて、なぜそれをするのか?という「理由」を中心に描きました。「行為」そのものに期待をされた方には申し訳ございません。

最後の3行が一番伝えたかったことでもありますが、あれを響かせるためには中身を見せないとかな?と。
男性は誰とでも「体のつながり」をもつことはできますが、誰でもいいわけではありません。誰でもいいなんて言ってるヤローは、知らないだけです。
女性は普段の生活から既に「気持ちいい」か「気持ち悪い」かで判断し、行動しているので、愛せない人間とは話もしたくありません。一緒の空間にいることすら感覚的に嫌います。
ですので、「体のつながり」をもつことにとても慎重です。

しかし、そんな慎重かつ心のつながりを強くしたい女性の書くR18作品だったり、妄想を含む女子トークの中で、ただの肉体的欲求を晴らすためだけにするような印象をうけるものが多く(無理矢理とか最初好きでもないのにとかそういう内容です)、大丈夫か?と、ちょっと心配になりました。ただの性癖ならいいんですけどね。
男性が書くならわかるんですよ。男性は100%気持ちいいので。気持ち悪いってことがないんです。体の反応だけ見て、気持ちいいんだと判断してしまっているので仕方がない。(文章で表現ということです。実際に行動に移したら犯罪です)

女性は模倣がうまいので、あまりよくない「体のつながり」を求める女性が多いというのは、もしかしたら今の日本社会のストレスが大きいのかもしれません。(男性社会のストレスを女性が感じとって、自分の行動の一部に反映しているのでは?と思っています)

「体のつながり」は、ただの肉体の快楽を求めることではなく、女性にとっては「心のつながりを強くするため」であり、男性にとっては「自信と誇りにするため」であるという、本来のかたちになってもらいたいなと願います。

男性の皆様、どうか相手の女性をしっかりと見て、たっぷりと愛して下さいませ。