11.賭け|智孝

 これは賭けだ。せっかく向こうから舞台を用意してくれたんだ。のってみようじゃないか。
 二日前に仲間から得た情報を元に、智孝は次の依頼内容を話した。補佐や調査を主に担う『影クラス』に向けて話す表向きの内容ではない。今後チームとして動く際に、知っておかなければならない『敵』を調べるためのものだった。

「今回、任務としては『資産家、佐久間氏の護衛』だ。佐久間氏のコレクションである芸術品の中に朧があり、それを狙っている組織の強襲により、ボディガードが1ヶ月以内に5人も亡くなっている。そのため受け渡したいということと、身内に相手への協力者がいるかどうかの調査と特定をする。朧の受け渡しは俺と里紗で行い、調査チームを当日開かれるパーティーの外部と内部からと分けて行う。招待客として数名の影クラスと共に外部から調査するチームをAとし、そのリーダーを野田に。こちらも同様の人数でスタッフとして内部から入るチームをBとし、リーダーを晟に。……とまあ、ここまでが表向きの説明だ」

 こくりと頷き、その場にいた全員が了解の意を表した。続けて。

「ハルからの報告によると、この佐久間はどうやら『流天』という組織に属していて、依頼自体が言守をおびき寄せるための罠らしい」
「ハルちゃんの情報だったら、確実だね」

 弾んだ声で佑羽は言った。ハルという人物は、単独での調査を最も得意とし、その正確さでは群を抜いて信頼できる言守──久慈くじ晴臣はるおみのことだ。このメンバーでは晟だけが面識がないので佑羽が同じような説明をする。

「言守をおびき出そうとする目的は何でしょうか? もしかして、この流天という組織……」

 そう聞いてきたのは野田実春だった。途中で『答え』をのみ込んだが、彼はそれを他の者に委ねたのだろう。
 きっと野田は気付いている。俺が言わんとしていることに。

「ああ。俺も神谷の話を聞くまでは『もしかすると』と考えていたんだが、あれを聞いたらほぼ『それ』だよな」
「? どゆこと?」

 きょとんとした顔で里紗が聞く。

「晟、お前は今回チームリーダーだから、答えてみろ」

 突然の名指しに、一瞬ぎょっとした顔をするも、晟は既に自分の中で出ていた答えを口にした。

「聖が言ってた『リーズのコアを作るには朧が必要』ってことから考えると、流天が言守を狙う目的は『リーズを作るため』が一番妥当。つまり、流天はリーズを作っている組織の可能性が極めて高い」
「だな」
「なるほど」

 明日香の件があってからというもの、言守としての活動にブランクのあった晟だが、全く問題はなさそうだと改めて思った。

「神谷は先日の事件で犠牲者へのリーズの投与の可能性は低いと言っていたが、流天の技術が臍央せいおうよりも進んでいればその問題はクリアしている。発動したリーズを制御することもそうだ。リーズであった可能性が一番高い『イグリ スミコ』は、晟の名前を聞いてから発動した。ということは、キーワードによって動きを変えられるかもしれないってことだ」

「まだ、コア自体を見たことがないから可能性でしか話ができないけどな」と付け足した。
キーワードによって動きが変えられるとすれば、制御自体も何かしらで出来るだろう。大体、人形に埋め込むとしても、頭部に埋め込むんだ。コアであるということも視野に入れれば、コア自体が司令塔となってもおかしくはない。

「依頼自体は罠なんだが、一つ気になる点がある。それは、佐久間自身も本当に流天に狙われているってことなんだ」
「仲間割れってことですか?」

 そう彩が問う。智孝は軽く頷き
「それに近いが、流天そのものがあまり結束された組織ではないんだ。長命になれるというので、鬼や朧を狙っているそれぞれの組織チームの集合体って感じだな。佐久間は資金面で携わっていたんだが、色々と折り合いがつかなくなったんだろう。流天内での別のチームに狙われていると思われる。ただ集合体といっても、それを統率する人物と柱となるチームはあるはずだ。言守を捕らえたいのは、そこに貢ぐためか、あるいは自分で折り合いをつけるためかな」
と説明する。

 折り合いと言ったが、言守である自分達にとっては良くない、相手の都合であることは簡単に予想できた。流天がリーズを作っている可能性が高い今、自分の手元に置くリーズを欲しがったか、技術を手に入れたいと思ったか……とにかく、自分のためであることは間違いないだろう。

「今回の任務は、明らかに俺たちが狙いだ。どう出てくるかはわからないが、気をつけろよ。そして、流天とリーズの関係性とリーズそのものの調査も出来る限り行うように」
「了解です」

 以前から鬼や朧を狙っていた流天だ。もしかすると、その時から既にリーズの開発をしていたのかもしれない。
 三年前に起きた『鬼狩り』では、生物兵器『エンジェル』の存在があったのだから──